【見ないと損する】偏差値81を生んだ最強勉強法

Pocket

みなさん、こんにちは!

じゅんいちです。

 

勉強してるのに全然成績上がらないし、つまらないし、もう辞めたい…

ちょっと待った!
本当に君の勉強法はあってる?
もしも間違った勉強をしていたら、成績はいつまで経っても上がらないぞ。

ええ!!
僕のやり方は間違ってないと思うんだけどなぁ。

 

というわけで、本記事では偏差値80も夢じゃない!!正しい勉強の仕方について解説していきます。

 

 

本記事のテーマ

偏差値81を生んだ最強勉強法【大人も子供も見なきゃ損】

 

 

正しい勉強法って?

  • 思い出す
  • 10歳の子供に説明する

 

端的に言うとこの2つです。

 

 

記事の信頼性

本記事を書いている僕は、この勉強法を意識して早1年ほど。

 

偏差値35を現在では、81まで伸ばすことが出来ました。

 

 

読者さんへの前置きメッセージ

社会人の方へ

本記事は、学生の方はもちろん、社会人の方にも読んでほしいと思っています。

 

現代では、社会人は、勉強をすればするほど得た知識が利益になる時代です。

 

例えば、本業について勉強すれば、それだけ多くの成果が出るし、プログラミングやブログなどの副業について勉強すれば、それだけ収益が入ります。

 

今の時代は、学生よりも社会人こそ勉強するべきだと思います。

 

 

学生の方へ

学生のみなさん。

こんな人にはならないでください。

俺、参考書についてはなんでも知ってるけど、頭は悪いから勉強については聞くなよ。

いわゆる、How to オタク。

How toオタクになるのは、ダメ絶対❗️

 

勉強法はたくさん見て、たくさん使いましょう。

そして、少しずつ自分の独自の勉強法を作りあげていきましょう!

 

それでは、さっそく見ていきましょう。

 

 

1.思い出す

人間は、インプットをする時よりも、忘れて思い出す時に暗記が出来るようになります。

 

だから、何回も何回も繰り返して思い出す回数を増やしていきましょう。

 

書いて覚えるっていう人を良く見かけますが、本当に効率悪いです。だって、わざわざ1回思い出すのに、1回書かないといけないんですよ。効率悪いし、なによりめんどくさいです。

 

言い換えれば、もうこれからはわざわざ書いて勉強する必要が一切無いです。

 

それを聞いただけでも勉強したいかもって思えるんじゃないでしょうか?

 

 

どのタイミングで思い出せばいいの?

①1ページやったらテスト

とりあえず、1ページずつで、復習をすることを心がけましょう。(慣れてきたら、2ページ、3ページ、1セクションと増やしていきます。)

 

ここが大事だったなとか、ここがミソになるところだなと思ったところなどを頭の中でテストをしてください。

 

1ページやる

テスト

1ページやる

テスト

このローテーションを繰り返していけば、圧倒的な記憶の定着がはかれるでしょう。

 

 

②ノートのとり方を変える

この記事を見ている皆さんは、ただ単に教えられた事を黙々とノートに書いていませんか?

 

それは、今すぐにやめた方がいいです。時間の無駄です。

 

暗記をする上でノートのとり方はめちゃくちゃ大事です。

 

ノートのとり方について説明します。

①話を聞く

②その話を頭の中で処理する

③処理した内容をノートに整理する

 

この3ステップは、ロザン宇治原さんもやっているやり方なので間違いないです。

 

ノートをとる上で大切なのは言われたこと、書かれたことをそのままノートに書かないことです。

 

しっかり処理して自分の言葉をノートに書くことが効率の良い暗記に繋がります。

 

 

2.10歳の子供に説明する

実際に10歳の子供に説明するということではないです。

 

というのも、10歳の子供にも分かるように表現にすることで記憶の定着をはかるということです。

 

そもそも、難しいものをそのまま理解することっていうのは、普通無理です。

 完璧には理解出来ない。

 考えすぎちゃう。

 複雑なことばかりに目がいってしまう。

 

だから、普通に難しいことを理解しようとするとたくさんの障害であってかなりハードになります。では、どうするかと言うと

 

簡単な例えを使ってあげます。

 

この方法は10歳の子供に説明する訳なので、微分を教えるのに指数があーで接線がこーだって言ってもわからない。

だから、簡単なワードで例を作ってあげる。微分で言うなら「隕石が地球に落ちてくる時だんだん速くなる、加速する度合いのことだよ」みたいに。

 

覚えやすかったり、簡単なものほど記憶に残りやすいです。10歳の子供でも「なるほどね!」って思えるようなわかりやすい表現を使うことで圧倒的な暗記をしましょう。

 

 

まとめ

  • 1ページやったらテスト
  • 10歳の子供に説明する

 

この度は記事をご覧になっていただきありがとうございます。

 

是非とも、この勉強法を試して、自分に最適になるようにいろいろ試行錯誤してみてくださいね!

Pocket

junichi314

2件のフィードバック

  1. 凄く納得しました…典型的なノートに書き写すタイプでしたw
    思い返すと、思い出した情報の方が頭の中に定着してます!
    10歳の子にもわかる言葉に落とし込んでいきますねー!!

    • こっちの記事も見てくれたんですね
      ありがとうございます!
      これからもよろしくお願いします

とよ へ返信する コメントをキャンセル

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

コメントする