【サルでもできる】偏差値81の朝活

Pocket

こんにちは!

 

じゅんいちです!

 

みんな朝活やってるみたいだから、俺もやってみたいぜ。とりあえず、朝早く起きればイイんだろ?

ちょっと待った!
本当にその朝活で大丈夫かな?
朝早く起きることが朝活ではないぞ。
大事なのは続けることだ。
1日2日やっただけじゃ意味ないぞ。

 

 

というわけで、朝活の概念をぶち壊す朝活のやり方を徹底解説していこうと思います。

 

 

 

本記事のテーマ

サルでもわかる】偏差値81の朝活

 

 

 

読者さんへの前置きメッセージ

本記事では

「朝活を始めたいけど何していいのか分からない方」

「朝活って大変なんでしょと思っている方」

「朝活って朝早く起きないとなんでしょ?と思っている方」

そのような方に向けて書いています。

 

本記事を読むことで、『朝活』という概念を180度変えて、楽で効果のある圧倒的朝活が実行することができるだけ出なく、1日を有効かつ有意義に過ごすことが出来るようになります

 

あなたのこれからの人生をこの方法で大逆転させられるように感謝の気持ちを込めつつ、記事を執筆します。

 

それでは、さっそく見ていきましょう。

 

 

 

1.「朝活」を間違えてない?

冒頭でもじゅん男くんが言っていた朝早く起きてなにか勉強や読書をすることが本当に朝活なのでしょうか。

 

僕はそうは思いません。

 

人間には、朝型の人や夜型の人、いろいろな人がいます。

 

だから、大概に「朝早く起きること」が朝活と言いきれないのではないでしょうか。

 

僕の考える朝活は

『朝起きてから1時間以内に何をするか

そういう風

に考えています。

 

例え、昼の12時に起きようと13時までにすることは全て朝活です。

 

何時に起きようと朝活です。

 

言ってしまえば、人間全員、朝活をしていると思っています。

 

人それぞれの体質を持っています。

 

朝活をする上で大切なのは

 

『自分に合った朝活をすること』

 

しっかり自分にフィットした続けられる朝活を探していきましょう!

 

 

 

2.狙った時間に起きる方法

とは言えやはり朝は早く起きて一日を有効に有意義に使いたいですよね。

 

だから、教えます。

 

狙った時間に起きる方法。

 

 

 

なぜ狙った時間に起きられないの?

まず、狙った時間に起きられないという問題の根本から説明しようと思います。

 

なぜ狙った時間に起きられないかと言うと

 

普段アラームで起きているから

 

ズバリ問題は、アラームを使って音で脳を起こそうとするからです。

 

人間は、音で起こされると野生で攻撃されていると思ってしまうんです。

 

しかも、アラームで起きると1日中頭が働くなってボーとしてしまいます。

 

 

 

目覚ましやめて意識で起きろ!

見出して言ってしまいましたが、狙った時間に起きる方法は「○時におきる!」って全力で意識することなんです。

 

衝撃ですよね。

 

騙されたと思って是非やって欲しいです。

 

例として明日6時に起きようとしましょう。

 

前日の夜に明日の朝は6時に起きる!と強く意識していると明日の4時から5時頃にかけて脳が少しずつ起きてきて活発になってくるんです。

 

しかし、何も意識しないでいつも通り9時に起きようと思っていても6時になってもなお脳が活発にならないんです。

 

だから、アラームをかけていると、音が鳴るまで寝てて良いと思っているから起きる時間になっても起きれないんですね。

 

意識だけでも「○時に起きる!」って思っていると目覚ましなしで自然と起きれるようになります。

 

 

 

3.朝活の準備

朝活をする上で準備はかなり大切です。

 

何事をするにも準備はめちゃくちゃ大事ですね。

 

プロ野球選手だって準備が無かったらパーフェクトピッチングは出来ないですからね。

 

朝活をする上で大切な準備は

  • 寝る3時間前までに食事を終わらせる
  • 前夜に明日の準備をできるだけ終わらせておく

と言ったところです。

 

そこまで大変ではないので是非やってみて欲しいです。

 

 

 

寝る3時間前までに食事を終わらせる

寝る3時間前までには食事を終わらせておきましょう。

 

人間、ご飯を食べてから消化をするまでに3時間以上かかります。

 

消化の途中で寝てしまうと寝つきが悪くなり、朝の目覚めが悪くなってしまいます。

 

朝活をする前夜の飲み会などは避けましょう。

 

どうしても行きたい友達に誘われたらブレックファストにしようよ!と提案してみましょう

朝ごはんから外食も最高ですよ!

 

 

 

前夜に明日の準備をできるだけ終わらせておく

朝活をする前日の夜には明日の準備はしておきましょう。

 

朝いろいろ準備をするのって正直にかなりめんどくさくないですか?

 

だから、夜のうちにやってしまって朝起きる負担をできるだけ減らすようにしましょう。

 

例えば、洋服。

 

前日の夜に天気予報などを見ておいて気温や天気に合わせてコーディネートを組んでおきましょう。

 

ついでにラッキーカラーなんかも見ておくと楽しいかも(笑)

 

荷物も同じです。

 

前日までに明日のTO DOリストを作っておきます。

 

そうして、何が必要なのか準備してバックに入れておきましょう。

 

朝はパッと持ってパッと家を出ましょう!

 

 

 

朝の自分は信じちゃダメだ!

朝の自分って嫌なことにすぐ言い訳を作ろうとするんです。

 

昨日頑張ったから今日は寝ちゃおう

昨夜は遅くまで頑張ったから寝ちゃおう

 

だから、こういうも時に使えるのが

 

3秒ルール

 

詳しくはこちらの記事をご覧下さい。

【必見】モチベーションが上がらないのは君のせいじゃない

 

 

 

4.朝活って結局何するのがいいの?

1日を有効に過ごすためにはどんな朝活をするのが良いのでしょうか。

 

それは

起きたあと15分の有酸素運動をすること』

 

なんでも良いです。

 

ランニングに行ってもよし、なわとびをしても良し。

 

なるべく自分のできることをやりましょう。

 

 

 

なんで有酸素運動?

朝の15分の有酸素運動は、脳を最適化してくれます。

 

というのも、1日中集中力が上がることによって、脳が省エネモードなのにも関わらず労力はいつもと変わらないという最強状態を作ることが出来ます。

 

暗記力もアップしてなお無駄に疲れないで済みます。

 

しかも、運動をすることで記憶の定着も上がって更に睡眠の質も上がります

 

それによって「学力」「生産性」「作業量」これらも相対的にあげることが出来ます。

 

こんなに素晴らしい朝活があるのにどうしてやらないことがあろうか、いや無いです。

 

 

 

最後に

1日を有効に有意義に使うためには朝活をしましょう!

 

有効な朝活は「運動」です。

 

毎日の朝活に15分の有酸素運動を入れるだけで劇的に1日が変わります。

 

あとは、寝不足にならないようによく寝ることです。

 

この度は本記事を読んでいただきありがとうございます!

 

「Junichi’s blog」では、主に勉強法や生活術などを発信しております。

 

良ければ他の記事もご覧下さい!

Pocket

junichi314

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

コメントする